中古家電の梱包方法、FBA納品方法について


中古家電は、リサイクルショップやヤフオク、
フリマアプリのメルカリやLINEモールなど、
いろいろなところで仕入れができます。

ただその中には発売から年数が経っている商品も多く、
元箱や付属品が欠品してるモノがほとんどです。

せっかくリサーチして価格差があることがわかっても、
商品知識がなかったり、梱包方法がわからなくて、
仕入れを躊躇してしまうこともあると思います。

たしかに初めての人にとっては、
多少ハードルが高いとも思います。

でも、ひとつ売ったら万単位で利益が抜ける。
そんな商品がゴロゴロある美味しいジャンルって他にありますか。

FBA納品自体は、2、3個やればすぐに慣れるので、
勢いで一歩踏み込んでもらえたらなと思います。

元箱がなく付属品が多い場合は・・・

付属品が多いモノは、
元箱代わりの無地の段ボールを用意して、
それに本体と付属品をまとめて梱包します。

このままだと何の商品なのかわからないので、
商品ラベルをプリントして、
ダンボールに貼り付けます。

これで元箱に入っている商品と同じ状態になりました。

あとは通常の納品と同じで
大きなダンボールに他の商品と同梱して
納品することができます。

大型サイズの商品の場合は・・・

他の商品と同梱できないくらい大きかったり、
適当なサイズのダンボールが見つからない場合は、

商品を梱包した無地のダンボールにFBAの配送ラベルと
配送会社の配送伝票を貼って
そのまま納品することができます。


これは通常の元箱がある商品であれば
裸で納品するのと同じなので、

配送中に箱がイタんでしまうんじゃないかと
不安に感じる人もいると思います。

ただ、これはそれほど気にしなくても問題ありません。
というか気にしてもしょうがないんです。

というのもFBAの倉庫からお客へは、
元箱のまま配送されるからです。

なので、こちらが気を使って商品を
梱包してFBAの倉庫に送っても、

お客に送るときには裸なので、
そのときに多少イタんでしまうんです。

だったらはじめから裸の方がいいですよね。
過剰に梱包したら配送費用や梱包材の費用も高くなるわけですから。

元箱がなく付属品が少ない場合は・・・

付属品が少ない商品だと箱には入れません。

本体や付属品をぷちぷちで包んで
ストレッチフイルムでひとまとめにします。

これにそのまま商品ラベルを貼ります。

梱包のときにあると便利なストレッチフィルム

ストレッチフィルム
サランラップのようなものです。

61NSKLzct9L._SL1000_



これひとつでいろいろな用途に
使えるのでとても重宝します。


CD、DVD、おもちゃなどの特典を
ひとまとめにしたり。

大型サイズの商品をそのまま
FBA納品するときに、

外箱にストレッチフィルムを巻きつけて
その上に配送伝票を貼れば、剥がし跡も残らず
外箱をイタめてしまうこともありません。

61EnNsXdnNL._SL1000_

 

梱包もお客の視点を大切に

僕は自分が購入者の立場になっても
外箱の傷みを気にしない方ですけど

商品の特性や購入するお客さんの属性を
考慮して配慮するようにしています。


最近気を遣ったのだとある美容器具です。

やっぱり健康・美しさ・安全などで
訴求している商品なので、

外箱もキレイなほうがお客の満足度が上がるだろうな
とこのときは判断しました。


まぁ、直接利益に繋がるわけではないですけど・・・

でも、あんまり適当だと悪い評価が
付けられたりするので難しいところです。

この辺りは手間をかけ過ぎると
作業効率を落としてしまうので、
自分の中で線引きしてやってみてください。

 

ということで、中古家電の梱包方法と
FBAの納品方法について解説しました。

もし記事の内容でわからないところや質問があったら
いつでもお問い合わせフォームからメッセージください!

 

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら
ポチッとしてくれると嬉しいです!
↓↓     ↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 

 


1件のトラックバック

コメントを残す