食品や使用期限のある商品をFBAで販売するための許可申請について


大口出品サービス契約であれば事前に許可をもらうことで
要期限管理商品をFBAで販売することができます。

 

 20150412−001

具体的には、お酒以外の食品全般や食品以外だと使用期限のある
医療関係の商品オーガニックの商品などが要期限管理商品にあたります。

たとえば、医療関係の商品だとマスクや包帯、絆創膏だったり
オーガニックの商品だと植物由来のシャンプーやココナッツオイルなどです。

 

食品を販売するには、食品カテゴリの出品許可も必要です。
申請方法についてはこちらの記事で解説しています。

参考記事:許可の必要な商品カテゴリの出品申請 について | 家電せどりで自己実現を目指す上氏の戦略ブログ

 

 

FBA出品を許可されても販売できない商品とは

すべての商品がFBAで販売できるわけではありません。
以下のように常温で保管できないものは対象外です。

  • 「18度以下で保存」など、具体的な温度の指定がある商品
  • 要冷蔵・要冷凍の商品
  • 溶けやすい商品(チョコレート類)

そのほかにもおもちゃや食品せどりでよく話題になる
食玩やコンタクトレンズも対象外です。
もちろんFBAの出品禁止商品も扱うことができません。

FBAでの「要期限管理商品」出品許可の取得方法について

Amazonのオンライントレーニングを受講して、
その後のテストに合格すると出品を許可されます。

取得方法は以下のような流れになります。

はじめに、このマニュアルに目を通しておいたほうが
内容を把握しやすいと思います。

オンラインのトレーニングを受講

テストに合格(選択問題、制限時間30分)

登録完了通知のメールを受け取る(合格後1週間以内)

FBAで出品可能へ

 

トレーニングとかテストと聞くとちょっと難しそうなイメージですが
そんなことはないので安心してください。

 
実際、トレーニングもAmazonが用意した下のような動画を見るだけです。

20150412−002

 

内容は要期限管理商品やFBAの納品方法などの基本的な説明です。大体20分くらいありますけどスキップできないので全部見ないといけません。

 20150412−003

 

 

動画を見終わってトレーニングが終了したら、そのままテストを受けられます。

 

20150412−004

 

 

テストの制限時間は30分ですけど問題数が少ないのであっさり終わります。

 

2015-04-01-001

このように全問正解で合格ですが、不合格でも続けて何度でも受けられますし
問題も選択肢も全く同じなので何回か受けたらすぐに合格できます。

 

まとめ

許可申請自体は簡単ですが、実際にサービスを利用する際に
ミスをすると再テストを受けなければいけなかったり、
サービスの利用を禁止されることがあるので注意してください。

 

ということで、 要期限管理商品のFBA許可申請について解説しました。

もし記事の内容でわからないところや質問があったら
いつでもお問い合わせフォームからメッセージください!

 

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら
ポチッとしてくれると嬉しいです!
↓↓     ↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


  • 大口出品サービス契約であれば事前に許可をもらうことで 要期限管理商品をFBAで販売することができます。

1件のトラックバック

コメントを残す