たとえ飽和しても柔軟に対応できる力をつけると不安はなくなる


どうも、上氏です。

今日も新宿で家電アービトラージを実践しています。

ゲーム、おもちゃ、CD、DVD、などの新品せどりは、
日々競合がどんどん増えています。

僕は仕入れエリアが都心部なのでその傾向は顕著にでています。

新品は、中古品に比べてコンディションに差がなく
販売力に差がつくことはほぼありません。

販売力に差がつかないので、仕入れ価格にも幅がほとんどありません。
なので多くの競合は大体同じ仕入れ基準で仕入れをしています。

この状況だと、競合が増えると増えただけ自分の利益は減っていきます。

 

じゃあ、どうやってこの状況を乗り切るのか?

・仕入れエリアを広げる

・商品単価を上げる

・実店舗、電脳両方で仕入れをする

・ヤフオク、モバオクなども取り入れて販売経路を増やす

・ジャンルの幅を広げる

・得意なジャンルをつくる

などなど思いつくだけでも無数にあります。

 

僕は、思いついたアイディアは何でも良いので試してみると良いと思ってます。

これは僕の経験ですが、工夫していると本来の目的とは
違う新たな気付きが見つかったりもします。

それを応用することで、結果的に競合との差別化に繋がることもあるんです。

 

いまは、競合の少ない家電カテゴリをメインにしてるので
短時間の効率仕入れで高利益率を維持できています。

コンサル生もチームKSC生も行動できている人は全員成果を上げています。

こんな美味しい状況は永遠には続かないでしょうけど、
たとえ状況が変わっても心配や不安は全くありません。

僕にはゲームから始まり、メディア系、おもちゃなどを扱った経験があるので、
その時々で美味しい商材を扱えば安定した売上を立てられます。

 

さらに経験に基づく知識があるので、新たな方向性を無駄なく決断して、
行動することができます。

ただ、そうは言っても作業する時間を確保するのがなかなか難しいんです。

いま僕は、この状態で行き詰まっているところです。

 

いくつか新しく家電アービトラージで稼ぐアイディアがあるんですけど、
それもまだ検証できずじまいでいます。

家電カテゴリは、せどりの市場としてはまだまだ未開拓な分野なので
アイディアがいろいろと湧いてきます。

家電アービトラージも僕と同じように成長して、
さらに濃いノウハウにできるように頑張っていきます。

それでは、また!


コメントを残す