禁止商品を仕入れてしまうとアマゾンで販売できません


歌舞伎町からこんばんは、上氏です。

僕は、いつもコンサル生にバーコードが
付いている商品はすべて転売対象だと指導しています。

「いくらで、いつまでに売れるのか?」
を自分で判断できればどんな商品でも
不安なく仕入れができるようになります。

ただ、それもAmazonで販売できる商品という条件付きです。

Amazonに商品カタログがあっても出品できない商品や
FBAの入庫を受け付けていない商品もあります。

 

「もし大量に仕入れた商品が実はAmazonで販売できなかったら・・・」
(正直、そんなことは考えたくもありません。)

 

前向きな僕も作業を投げ出してリゾートに
行ってしまうかもしれません。
(近々沖縄にいくので、すでに気分はリゾート!)

冗談はさておき、そんなことにならないように
事前に確認をしておきましょう。

↓↓↓

2013-12-06_014327

もし、禁止商品を仕入れてしまっても
販路を変えて現金化することもできます。

 

僕がamazon販売を始めた頃に出会って
ずーっと記憶に残っている言葉があります。

「仕入れに失敗はない!・・・・」
byリュウ坂口

 

僕はこの言葉に背中を押されて
ガンガン新しい商品を仕入れてきました。

 

一万円で仕入れた物が、ゼロになることは
よほどのことがない限りあり得ません。

多少赤字になっても、失敗ではなく検証できたと
思えるくらい図太くなりましょう。

 

そうすることで仕入れのたびに新しい商品を検索して
ブルーオーシャンが掴めるかもしれません。

 

商品を知らないことがリスクだと気付ければ
可能性は大きく広がっていきます。

 

僕と一緒にブルーオーシャンで稼ぎましょう!

PS.

僕は、だいたい旅行の荷物を出発の10分前から
バタバタと準備し始めるんですが
今回はすでに準備を始めています~

せどり界の日焼け王子になれるかなー


2件のコメント

  • 上氏さんおはようございます。

    藤田と申します。

    せどりは、まだ、本格的にやっていないのですが、おもしろそうですね。

    続けることが大切なんですね。

    勉強になりました。

    応援完了しました。

    • uesi

      藤田さん、はじめまして!
      メッセージありがとうございます。
      せどりも物販ですので、ほかの業種と比べても
      親しみやすいビジネスのひとつだと思います。
      いろいろな展開ができるのも魅力です。
      こちらも応援完了しております。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す